初心者向け投資

海外FXのメリット・デメリット

日本国内で営業しているFX会社は約100あまり。
FXというのはそれだけ儲かるお仕事なのですね。
しかし日本のFX業者が順風満帆に商売にいそしんでいるかといえば、決してそんなことはありません。
いつ顧客に見限られるか分からない不安をかかえ、常に顧客の取り合いをしています。

一昔前では考えられなかった額でのスプレッド争い。
利益の圧迫が起こり、共倒れになってしまうのではないかと、少し心配になります。
新規で口座開設をする人が頭打ちになったというのもありますが、顧客の奪い合いが起こっている背景に海外のFX会社の存在があります。
どんなに不況でも、日本の投資家はなんだかんだ言ってお金を持っています。
そのため、世界各国のFX会社はこぞって日本人顧客の掘り起こしに躍起になっています。

日本語のホームページをつくるのは当たり前、日本人の常駐サポーターを置いて日本人顧客の対応に当たらせている企業もあります。
そんな海外FX会社は何がそんなに良いのでしょうか。
一番は何といってもレバレッジの大きさでしょうね。
最高1000倍という大きなレバレッジは大きな魅力です。
日本では現在25倍という制限があり、この法律ができたとき多くのFXトレーダーが海外口座へ流出したといいます。

海外口座を使うもう一つのメリットはMT4を使えるということでしょうか。
日本でも約10社ほどはMT4対応口座を用意しているのですが、初期預入金が高かったり、スプレッドが広かったりと海外口座に比べると魅力に欠けます。
しかし、その一方で海外口座だからこそのデメリットも存在しています。
まず日本では当たり前のクイック入金に対応していないこと。
海外口座は銀行振込かクレジットカードで入金することがほとんどカードを使えば入金はすぐにできますが、出金には数ヶ月かかることもあります。

さらにトレード環境はお世辞にも良いとは言えません。
サーバが遠く離れているので仕方が無いのですが、エントリー・決済時に微妙なタイムラグがあります。
いわばFX取引におけるスリッページです。
また、約定したと思ったらかなり滑っているし、それどころか約定拒否(リクオート)されることも珍しくありません。
国内口座に比べてスプレッドが広いのもつらいところです。
そして最後にはやはり「不安」です。
何を言っても返事一つ帰ってこなかったという声を聞くと、不安を感じざるを得ません。


為替チェック
Copyright (C) まずは1つから All Rights Reserved.