初心者向け投資

レバレッジとは何か

FXの最大の魅力の一つがレバレッジ。
株式投資の信用取引のようなもので、少ない資金で大きなお金を動かすことで、大きな利益を出すことができます。
レバレッジという言葉は本来「テコ」という意味です。
シーソーなどに使われている、小さな力で大きな仕事をすることができるアレですね。

通常、為替というのは1対1で取引されます。
1ドル100円の場合、100ドル買おうと思ったら100円の100倍、つまり10000円必要と言うことです。
しかしFXの場合、証拠金を預けることで100ドルを100円で買うことができます。
本来10000円必要な取引が100円でできる、これをレバレッジ100倍と言います。
この制度のおかげで、私たちは小遣い程度の資金で大きな利益を得ることができるわけです。

レバレッジは日本国内では25倍までと決められています。
これは25万円分のドルを買う際に、口座に1万円以上あれば取引に参加できるということです。
もっともこれだと少し相場が逆行しただけで資金不足と見なされ、すぐにロスカットされてしいますけどね。
このレバレッジ、日本国内では年々縮小されています。
一昔前には200倍まであった最大レバレッジが今では最大25倍になってしまいました。

日本のFX会社の低レバレッジによって追加資金の入金が必要になったり、利益が小さくなってしまった人は海外口座に流れています。
実際、海外口座は総じてレバレッジが高く、最大1000倍という兆候ハイレバレッジを用意していることも珍しくありません。
何とも魅力的な海外口座ですが、良いことばかりではありません。
全体に日本国内で営業しているFX会社に比べるとスプレッドが広い傾向があり、税制面でも損失の引継ができなかったり税率が高いなど、様々な不利があります。
高いレバレッジを設定できる口座は、確かに小資金からFXを始められるという魅力がありますが、その一方で損失も大きくなります。
資金管理ありきで、適切なレバレッジでの取引をするようにしたいものです。


為替チェック
Copyright (C) まずは1つから All Rights Reserved.