初心者向け投資

少額からも始められる?

FXの良いところはいろいろありますが、私たち庶民派の個人トレーダーにとって一番ありがたいのは少額から始めることができることではないでしょうか。
国内口座の最大レバレッジが25倍になってから必要資金は増えましたが、それでも1万円程度あれば最小ロットでの取引ができます。
それでも無理だというのなら国内口座より不便にはなりますが、海外口座を使うという手もあります。
FXの初期費用はどの通貨を使うのかと、使う口座の最小ロット数で決まります。

たとえばドル円のトレードをメインにし、使っている口座の最小ロットが1000通貨=0.01ロットだったとします。
1ドルが100円だとするとこのとき最低限必要な資金は100円×1000通貨÷レバレッジ25倍=4000円となります。
もっとも口座に入れるのが4000円だったら、エントリーした瞬間にスプレッドのせいでマイナスが出て証拠金維持率100%を割ってしまうのでロスカットアラートが表示されてしまいます。
これではあまりに余裕がないので、せめて10000円くらいは口座に入れて取引をした方が良いでしょう。
どうしても10000円は用意できない、でもFXはやりたいというのであれば、さらに小さなロット数でエントリーできる口座を使うと良いでしょう。
最近ではSBIのように1通貨からエントリーできる口座もあります。

1通貨の場合、例で使った1000通貨トレードの1000分の1しかかかりませんから、4円あればポジションが持てます。
利益はスズメの涙よりもすくないでしょうが、本番のFXの雰囲気を肌で感じ取ることができるでしょうから、決して無駄ではありません。
超小資金でFXを始めるもう一つの方法は、暴騰でも書いたとおり、海外に本社を置く海外ブローカーを利用することです。
日本では最大25倍のレバレッジも、海外では上げ放題。
中にはレバレッジ1000倍という超ハイレバレッジ口座も存在します。

これだと1000通貨でポジションを持つのに100円あれば良いことになります。
口座に数千円あれば10PIPSくらい下がっても耐えられることになりますね。
このように超小資金でFXをやる方法はいろいろあります。

ただ、人間は心理的に資金全体の2%以上の含み損を抱えると、冷静な判断ができないとも言われており、損失は資金全体の2%にとどめるのが望ましいとされています。
1000通貨単位であれば、10PIPS逆行すると100円の損失が出ることになります。
100円が2%に収まる口座資金は5000円。
1万円あれば精神面でもかなりゆとりがでてきます。


為替チェック
Copyright (C) まずは1つから All Rights Reserved.