初心者向け投資

FXにリスクは無いの?

投資はオールオアナッシング。
勝つ人がいれば負ける人もいる弱肉強食の戦場ですから、当然すっからかんになるリスクも存在します。
為替の価格を決めるのは、私たちの数百倍・数千倍・数万倍の資金をつぎ込んで売買をする機関投資家です。
彼らは自分たちが利益を得るためなら何でもやるプロです。
どんなにチャートが上昇傾向を示していても、彼らが売りで入れば為替は下がります。

何を言ってもこの力関係を変えることはできません。
そんな不利なフィールドに降り立つわけですから、それなりのリスクは覚悟しなければいけません。
リスクなしにリターンを得ることができるのはマンガの世界だけです。
とは言っても、このリスクは私たちのちょっとした知識と売買ルールによって軽減することができます。

その中で最も効果的なのが「損切り」です。
損切りというのは、エントリー中のポジションが逆行したときに、それ以上損が膨らむのを防ぐためにポジションをクローズしてしまうことです。
確かに損をしますが、保有すればするほど損が膨らむポジションを閉じるわけですから、考えようによっては損失を限定する止血作業とも言うことができます。
FXでプラスを出せる人は、好条件でエントリーすることはもちろん、損切りをためらわず、損失を最小限に抑えるのが上手い人です。
自分のエントリーに対して相場が逆行すれば損が出てしまいますが、決済せずにそのまま放っておくとどうなるのでしょうか。
逆行が続けば、当然損失は膨らみます。

そして、口座に入れていた資金に対しての損失率が一定値を超えると、FX会社によって強制的に全ポジションが決済されます。
これがロスカット(矯正決済)です。
ロスカットは資産家が借金を背負ってしまうのを防ぐためにつくられた仕組みです。
ただ万全とは言えず、一気に為替が動くとロスカットが間に合わず、口座のお金を全部無くした上にマイナス、つまり借金を背負ってしまうこともあり得ます。
これを追証と呼びます。

ただし、FX取引のメリットも存在しますので、リスク管理を徹底すれば、リターンもあるわけです。


為替チェック
Copyright (C) まずは1つから All Rights Reserved.