初心者向け投資

時間に制限のない、FXの運用

FXの魅力の一つに、土日をのぞく24時間いつでも取引に参加できる時間的自由があります。
為替の世界は眠りません。
東京市場、オセアニア市場、ヨーロッパ市場、ニューヨーク市場、香港市場、シンガポール市場、ロシア市場、イギリス市場など、常にどこかのマーケットが開いています。
そのため、FX会社のメンテナンス時間や市場の休業日を除いていつでも取引ができるのです。
と、ここまでは一般のFX紹介サイトでも言われていることです。

ただ、いつでも取引ができるというのは間違いではありませんが、いつでも利益を出せることとイコールではありません。
それぞれの時間に合わせた取引ができなければ、チャンスを見つけることができなかったり、勝てる見込みのない相場に参入して負けを抱えたりしていまいます。
前述の通り、確かに相場は24時間いつでもどこかで開いています。
しかし、それぞれの時間帯で相場は別々の動きをすることを忘れてはいけません。
日本で朝から夕方、具体的には9時から17時までは日本市場が開いている時間対。
日本市場は世界3大市場に数えられる取引量を誇ってはいますが、上位2市場であるヨーロッパ市場・ニューヨーク市場に比べれば微々たるもの。
値動きが小さく、いったり来たりのレンジ相場を形成しやすくなります。

そのため、トレンドを当て込んでエントリーすると思ったより利益が伸びなかったり、あっという間に抵抗線に跳ね返され、損切りを量産することになりかねません。
本格的に相場が動き出すのはヨーロッパ市場が動き出す15時から。
それまで言ったり来たりだった相場が、15時を迎えたとたん、一気にトレンドを形成することがよくあります。
レンジを想定してトレードしていた人は、損切りを設定しないとあっという間に莫大な損を抱えることになります。

21時を過ぎるといよいよニューヨーク時間のスタート。
ここから深夜0時まではニューヨーク市場とヨーロッパ市場が同時に開いている時間で、取引量が最大になり、値動きが最も大きくなる時間帯です。
トレンド・抵抗線・支持線がしっかり働く一方で、不可解な逆行やレジサポラインを無視したラインブレークと呼ばれる現象が頻発する時間帯でもあります。
ヨーロッパ市場単独の時間帯以上にトレンドに逆らわないトレードを意識しないと大やけどをする時間とも言えます。
深夜0時を過ぎるとニューヨーク市場が、朝の5時からはオセアニア市場が開きます。
夜も2時を過ぎた辺りから徐々に値動きが小さくなってきます。

時間帯の他に注意したいのは、曜日です。
月曜日と金曜日はできることならトレードを避けた方が無難です。
月曜日は週の始まりで欧米の職業トレーダーも情報収集などに時間を使い、あまりトレードをしません。
同様に金曜日は報告書などの作成と翌週の準備をしており、早めに会社を出て花金を楽しんでいるため、参入者が極端に減ります。
人の少ない相場は、不可解な動きをすることが多い上、スプレッドも広くなるため、中級者以上でも苦手意識を持つ人がけっこういます。
初心者は避けた方が無難でしょう。

FXで成功した主婦について書かれていますので、参考にしてください。


為替チェック
Copyright (C) まずは1つから All Rights Reserved.