初心者向け投資

使いやすさで選ぶFX

FXのトレードでその快適性に直結するのが売買用のツールです。
大きく分けてメタトレーダー4(MT4)と、各FX業者が開発した独自ツール系にわかれます。
MT4は主にEA(エキスパートアドバイザー)と呼ばれる自動売買用プログラムを走らせるために使われる売買ソフトですが、その使いやすさから裁量トレードにもよく使われます。
使い方を解説しているサイトもたくさんありますし、書籍も何冊も出ています。

OCO注文などができない欠点はありますが、一度MT4に慣れてしまうと他のツールでは違和感を感じてしまうほどよくできたソフトです。
ただ、MT4は海外業者だとほとんどが標準対応していますが、日本国内の業者だとどちらかというと少数派です。
しかも、MT4対応口座は全体的に独自ツール用口座よりスプレッドを広く取る傾向があります。
国内口座を使うのであれば、これを気に少しずつでも独自ツールに慣れていった方が、長い目で見ればスプレッドによる損を減らして、利益を増やすことができるかもしれませんね。
独自ツールには、各FX業者の個性が出てきます。

トレール注文ができるか、インディケーターをチャートに反映させた時見やすいか、など注意深くチェックしていきましょう。
どんなに約定力が強くても、スプレッドが狭くても、ツールが使いにくいのは致命的です。
ある程度の時間をかけて慣れることができれば良いのですが、売りと買いを勘違いしてしまう可能性があったり、決済がしにくく利益確定や損切りが遅れてしまうようでは利益どころか損失が膨らんでしまいます。
どのツールが使いやすいかは本人が使わなければ分かりません。

ほとんどのFX業者はデモ口座を無料で開けるはずですから、気になる業者のデモ口座は片っ端から開設してツールの使い心地を自分自身で判断するようにしましょう。
一度本物のお金をリアル口座に入れて取引してしまうと、よほどのキッカケがないかぎり、なかなか口座を変えようという気になれないものです。
スタートをミスってしまうと最後まで、という結果にもなりかねません。
始めよければ終わり良しということわざもあります。
トレード前の準備には万全を尽くしましょう。


為替チェック
Copyright (C) まずは1つから All Rights Reserved.